京つう

  イベント  |  洛北

新規登録ログインヘルプ


2009年05月26日

WRC

ボスニアからお届けします。柏原です。

日本国内は新型インフルエンザで色々と混乱しているようですが、こちらは全くマスクをしている人がいません。情報の錯綜が窺えますが、くれぐれも体調には注意を払ってください。あと、人間不信にはならないように!


ボスニアの都市、バニャ・ルカでは5/19~24日にかけて、WRC(World Rafting Championship)が行われました。
開催国ボスニアやイギリスなどの約42ヶ国が参加。もちろん日本も参加しました。
日本ではラフティングが競技だということを聞いたことは少ないと思います。ならば海外では“人気スポーツ”かと問われれば、答えは“No” 海外でも人気スポーツではないようです。
WRC
競技はスプリント、ダウンヒル、スラロームの三種目で争われます。
日本は最初のスプリントでは本領を発揮できずに燻っていたものの、ダウンヒルとスラロームで巻き返し、男女共に総合2位というとても素晴らしい結果を叩き出しました!!!
WRC
日本選手に「始めたきっかけ」について質問をしたところ、「たまたま」という答えが多かったのはこのスポーツの認知度の乏しさが垣間見えたものの、彼らがこの競技に対して熱く取り組んでいるのが結果からも伝わってきました。
WRC

“きっかけは単純。情熱的に取り組むこと”
それを日本代表の選手たちは見つけたのだなと感じました。

ENのみなさんやこのブログを読んでくれているあなたはそれを見つけ出せましたか?
私はまだ見つかっていません。



それではまた。




Posted by 京都学生団体EN at 02:26│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。